日曜祭日は午前営業・月曜定休・火水木金土 7時~20時(午後は当日18時までに要予約)

秋田市の鍼灸院 指圧 マッサージ 骨盤調整 美容鍼

ダイエットはお金をかけずに簡単にできます

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大倉栄一郎
国家資格を持つ、はり師・きゆう師・あん摩マツサージ指圧師です。

こちらの漫画(https://famousuus.com/mimitsubo/)にも書きましたが、新しく出ては消える「楽をして痩せるダイエット法・サプリの数々・脂肪の揉み出し」等にダイエット効果はほとんど期待できません。
脂肪の揉み出し、経験者なら知っていると思うんですが、減った体重も細くなったウェストも次の日には元に戻っています。
そもそも食事制限や運動をしないで楽に出来ると謳っているダイエットの方法やサプリが、次から次にどんどん出てくること自体、裏を返せば定番になるほど効果があるものが存在しないということ。
本当に効果があるなら皆その方法でダイエットに成功して新しいモノが出てくるスキなんて無いはずです。
結局ダイエットに成功する人はサプリなどを使いながら食事制限や運動(または両方)やってるし、失敗する人はただサプリを飲み痩身施術等を受け、効果が出ずに新しいモノに飛びついてはやっぱり痩せないを繰り返しています。
なので、本当に痩せたいなら食事制限や運動をしないで楽に痩せようという考え方はやめて、いかにツラい思いをせず楽に食事制限をするかという風に頭を切り換えた方がイイと思います。
加えてサプリも痩身施術も費用対効果が悪すぎるので勿体ないからやめた方がいいです。
では、如何にして楽に食事制限をするかということなんですが、ひとつは耳ツボの刺激で食欲を落とす方法があります。実は僕もこれで食欲を落としてダイエットに成功しました。ただ、他の治療院だとけっこう値段が高いのでコスパを考えるとあまりオススメ出来ないなーと。
そこで、今回は耳ツボを使わずに食欲を抑えてダイエットする方法を紹介します。耳ツボを使うより若干大変ですが。他の食事制限よりかなり楽に出来るのでお試しください。

 

①休みの日にプチ断食をします

ダイエットの開始は、休みの日のプチ断食からスタートしましょう。そしてその後も2週間に1回程度プチ断食をしましょう。
と言っても普通のプチ断食とは違い固形物でなければ口にしても構いません(ジュースなどあまりに糖分の量が多いものや、胃腸に負担をかけるチョコレートなど甘さの濃いもの、脂っこいものはNGです)。
お腹が減ったらみそ汁やスープ、甘さ控えめの飲み物を飲んだり、飴を舐めるのはOK。
このプチ断食は断食中に痩せるのが目的ではなく、胃腸を休めるのが目的。そして胃の中に固形物が入っていない状態に慣れさせるのが目的です。なので、夕方まで断食をしたらその夜は何を食べてもOKです。
ただし固形物の量は少なめにしてください。高カロリーでも構いませんがカサは少なく。その日1日はあまり胃を膨らまさないように心がけてください

 

②普段の食事はゆっくりと。痩せる食事の仕方

急激な血糖の上昇は脂肪を付けやすくします。炭水化物や甘い物は一度に摂取せず、ゆっくり小分けでというのが痩せる食事法の大原則となります。詳しくは下記をご覧ください。

①以前話題になった、野菜→タンパク質→炭水化物の順番に食べる方法ありますよね。あれをゆるく実践してもらいます。
まず、オカズ(肉魚野菜みそ汁など全て)を先に食べてください。順番は野菜からでも肉からでも大丈夫。交互に食べても構いません。自由です。
そして、オカズを半分くらい食べ終えたら炭水化物も食べ始めます

②炭水化物を食べ始めたら出来るだけゆっくり食べてください(理想は30分)
炭水化物を食べるペースは均等に。例えばご飯が五口分あるなら、最初の10分で四口食べて20分後に最後の一口を食べるというのはダメです。
※時間が無いときなどどうすれば良いかと聞かれることがあるのですが、僕は朝忙しい時などは、身支度をしながらながら食事をしていました。ご飯を一口食べてはヒゲを剃り、一口食べては顔を洗い、一口食べてはコーヒーを煎れ…といった具合に、、、。行儀が悪いのであまりオススメはしませんけどね(笑)ご参考までに。

③炭水化物は腹八分目。これは最初から急激に減らさなくても徐々に減らしていけば大丈夫。
最終的にはご飯なら小盛り1膳、麺類なら一人前の半分くらいまで量を減らします。

④お腹がすいたら間食に飴を舐めたりガムを噛んだり。微量の糖分をゆっくり摂り血糖をコントロールする。

⑤食後(食べ始めた時間から一時間強経った頃)ごく軽く体を動かす。
僕はやっていませんでしたが、血糖値が急激に上がるのを防ぐ効果があるので、ゆっくり食べる暇が無かった時にやるといいかもしれません。上半身を適当に動かしながら5分程足踏みするだけでも良いそうです。

⑥夜7時以降なるべく食べない。なるべくです。
どうしてもお腹が減って眠れないなら飴を舐めたり、微糖の飲み物を飲んだりはOKです。僕はインスタント味噌汁を飲んだりしていました。

 

痩せる為に運動は必要か?

最後に、ダイエット時の運動について。運動しなくても痩せることは痩せるんですが、僕は長い期間かかるのが嫌なのと、停滞期が我慢できないので早くダイエットを終わらせる為に運動してました。
週2回ほどウォーキングとジョギングを混ぜて50分くらいです。
ウォーキングのやり方ですが、僕はあまりこだわらない方がイイと思っています。何故かというと同じ歩き方を続けると、決まったところに疲労が溜まったり傷めたりで運動を続けるのが苦痛になってしまうからです。
僕がやっていたウォーキングはツライ姿勢は続けず、背筋を伸ばしていて疲れたら少し丸めたり、大股で歩いて疲れたら歩幅を狭くしたり、ごく短い距離を軽くダッシュしてみたり、息を整える為に普通に歩いたり、腕をまわしたり、強く腕を振ってみたり、正しい動きや正しい姿勢にとらわれず体を動かしながら歩いていました。
補足)体質にもよりますがダイエット中の運動は低血糖で倒れる危険があるので飴を舐めるかスポーツドリンク等を飲みながら運動した方が良いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
大倉栄一郎
国家資格を持つ、はり師・きゆう師・あん摩マツサージ指圧師です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です