日曜祭日は午前営業・月曜定休・火水木金土 7時~20時(午後は当日18時までに要予約)

秋田市の鍼灸院 指圧 マッサージ 骨盤調整 美容鍼

美容鍼・マッサージ、小顔矯正の嘘とホント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大倉栄一郎
国家資格を持つ、はり師・きゆう師・あん摩マツサージ指圧師です。

美容鍼を試してみたいと思ったら大倉治療院へどうぞ。https://famousuus.com/biyoubari/

美顔に必要な鍼・マッサージを全て行います。もし、当治療院で効果を実感できなければ、恐らくどこで美容鍼を受けても効果は得られないでしょう。

安価でかつ、きちんと時間と手間をかけた美容鍼を致しますのでお試しにも定期的に通うのにも最適です。

えー、、、いきなり宣伝ですみません(笑)本題はここからです。

ブログタイトルにもある通り、骨盤矯正やダイエット目的の整体やエステと並んで美容鍼や小顔矯正も誇大な効果を謳った広告がまかり通る分野で、私も同業者の端くれとして心を痛めております。

美容に関する施術に興味を持たれている方も、これだけ虚実入り交じった情報が飛び交っていると何を信じたら良いのか判断に困るのではないでしょうか。

今回はそういった方に向け出来る限り正確な情報をお伝えしようと、この場をお借りして本当のところ美容鍼やマッサージ・小顔矯正・その他もろもろの効果ってどうなの?というお話と、自宅で出来る美容法について書かせて頂こうかなと思っています。

 

美容鍼・マッサージで出来ること

美容鍼や顔のマッサージの効果と目的は

①血流を良くして老廃物を流し、肌の再生修復に必要な栄養を充分に行き渡らせて肌の老化を防ぐ。

②全身状態を良くして顔のリフトアップに効果のあるセロトニンというホルモンを出しやすい体にする。

③コリ・疲労を取ることで顔を引き締めるのに必要な筋肉がきちんと働くようにする

④一時的にむくみが取れる

上記のような効果により、定期的に肌を良い状態にリセットして老化を防ぐのが美容鍼・マッサージの目的となります。

 

 

顔のリフトアップに毎日5分、かんたん表情筋トレーニング

顔のリフトアップの為には表情筋が衰えないようにするのが効果的です。

写真を撮られる時に「良い表情」を作りますよね(一般的には「ひたいにシワが寄らないように気を付け、少し目を見開き、ほうれい線が目立たない程度に口角を上げる」といった具合でしょうか)。

鏡を見ながらその「良い表情」を保ったまま手を顔の各部に当て、上方・外方に軽くさすったり、シワを伸ばすイメージでごく軽く引き上げてください。

頭や顔の筋肉が疲れてきたら休み休みで構いません。顔を下に向けて脱力したり、首肩がこらないよう首を軽く動かしほぐして下さい。

やってみると分かるのですがこれ、けっこう顔と頭の筋肉を使います。地味なトレーニングですが続ければジワジワと効いてきますので興味がある方はお試しください。

※必ず背スジを伸ばしてアゴを引き気味で行って下さい。アゴが上がっていると首肩がこります。

 

 

セロトニン量を増やして顔のハリをアップ

抗重力筋に働きかけ、顔のリフトアップ効果を促すセロトニンというホルモンをご存知でしょうか。

抗重力筋は重力に抗って正しい姿勢を保つ為の筋肉で、下肢や体幹に多く存在しますが顔にも分布しています(眼瞼挙筋というまぶたを開ける為の筋肉や咬筋というアゴの筋肉などがそれに当たります)

セロトニンが足りないと抗重力筋の働きが悪くなり、顔はたるんだ印象に、逆に充分な量があれば抗重力筋は活性化し顔も引き締まります。

リフトアップに必要不可欠なセロトニンですがどうやったら分泌を促進できるのか。その方法がこちらです。

①朝太陽の光を浴びる。数分でもOKです。

②20分程度のリズム運動をする(午前中の方が効果的なので出来れば昼までにやる)。何かをやりながらではなくリズムを意識してテンポ良くやる。足踏み、踏み台昇降、縄跳びなどの他にガムを噛むのもリズム運動になります。

③セロトニンはトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物によって作られるのでそれらが不足しているようなら食事で補う。
トリプトファンはチーズや豆腐、卵、牛乳、バナナなどに含まれています。
ビタミンB6はレバーやマグロ、カツオ、にんにくなどに多く含まれています。
先に挙げたバナナはトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の3つをすべて含んでいてセロトニンを増やすのに最適な食べ物です

④声を出して笑う。誰かと楽しく会話する・遊ぶ

平たく言えば食事に少し気をつけて、朝軽い運動。あとは楽しく過ごす時間が1日の内に少しでもあればバッチリOKという訳です。

 

 

お金と時間をかけずに綺麗になりましょう

美容鍼や小顔矯正でガッポリ儲けようという気は無いので(いや、本当のところちょっとは儲けたいですけど(笑)言ってしまいますが。正直、健康で過度のストレスが無く暮らしていれば、美容にまつわることはほとんどがセルフケアで出来ます。

生活習慣で少しの心がけと軽いトレーニングと病気の予防。あとは当たり前ですけど保湿と日焼け防止ですね。ものっ凄い当たり前の話ですけど(笑)

そこに+αで何かを加えるというのであれば、体の不調や肌のメンテナンスの為たまに美容鍼やマッサージを受ける、それで充分です。健康に不安が無ければそれすら必要ありませんし過剰にお金を使うのは無駄、且つ長続きしません。

美容法は継続することが一番大事。もちろん新しい美容法を試すのはけっこうですが、それもやりつつ、先述した顔トレーニングも平行して続けてみてはいかがでしょうか。短時間で出来ますし簡単なので続けやすいですよ。

 

 

小顔矯正にまつわる嘘とホント

当院では小顔矯正を行っていません。なぜかというと「小顔矯正」という言葉から受けるイメージ「骨格の並びを矯正して持続的に顔を小さくする」というのは整体や矯正では不可能だからです。もしそれを可能だと謳えばインチキになってしまいます。

骨は筋肉で持続的に引っ張り続けていない限り必ず元の位置に戻ります。あばら骨を手で押してみてください。手を離すと元に戻りますよね?筋肉で動かせない・動きが小さい骨は皆同じ。押して位置をズラしてもすぐに戻るんです。

戻らないとすればそれは骨折しています。押し過ぎなのですぐにやめてください(笑)

整形手術で骨を削る以外に根本から顔を小さくする方法はダイエットで脂肪を落とすことだけ。そしてそれにも限度があります(加えて痩せすぎは美容にも健康にもよくありません)。

ですので、それ以上の小顔効果というのはどうやっても一時的なもの(保って一日程度)と割り切り、朝や人前に出る際に自分でケアするか、リフトアップやむくみ取りなどを目的として美容鍼やマッサージを受けるのが最も現実的で効果的な方法だと思います。

 

 

顔ヨガなど、表情筋の体操は本当に効く?

表情筋を鍛えるというのはリフトアップに効果はありますし老化の防止にもなります。ただ、それら顔体操の本や映像を見る限り、やりすぎじゃなかろうかと思う部分が多々あります。

実際、顔の体操をやった結果、ほうれい線がかえって深くなったという感想を持った方もいる様で。

やり過ぎなければ悪い影響は出ないでしょうし効果が無いとは思いませんが、長い時間を割いて大変な思いをする割には効果が小さいかなと。

なんていうか、言いづらいんですけど、、、顔ヨガや体操の最中って変な顔になるじゃないですか(笑)あれって変な表情を作る為の筋肉を凄く鍛えてるってことで、魅力的な表情を作る為に本当に必要な筋肉なんでしょうかと思ってみたり。

繰り返しになりますが、効果が無いとは思いません。ただ、かかる時間や苦労のわりに良いことないかなーという、あくまで僕の私見です。

以上!最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
大倉栄一郎
国家資格を持つ、はり師・きゆう師・あん摩マツサージ指圧師です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です